最先端の技術による作業効率の軽減が効率化へ

創業者の考えを読み解く

最先端の技術による作業効率の軽減が効率化へ

介護の現場は、いつでも人手不足といわれてきました。高齢化社会が加速し、超高齢化社会と呼ばれるようになり、1人当たりが支えていく高齢者の数はどんどんと大きなものになってきています。老老介護とも呼ばれることも増えてきているということは、介護の現場にも大きな影響を与えていることは間違いありません。白井一成が創業者である社会福祉法人善光会でも、同じように影響を受けているといえるでしょう。

 

社会福祉法人善光会の創業者である白井一成の場合、こうした状況を見ているだけではありません。経営理念として最先端の技術と科学的方法を用いて、業界の先導者となるように行動しているからです。改革ということを考えなければ、いつまでたっても変えることができずに、人手不足で悩んでいかなければいけないでしょう。閉塞した状況を打破するためにもどんどんと事務作業の効率化・企業進化も進めているのが、創業者白井一成の理念のひとつといえます。

 

白井一成の企業進化関連書籍を調べてみる

 

介護の現場では、効率化できないようなことも存在するのは確かです。これは間違いのないことですが、事務作業などは、効率化できる要素がいくらでも存在します。こうした部分に対してメスを入れられるように、民間企業の創設者である白井一成は介護職の負担軽減のために最先端の技術の導入を進めてきています。

 

介護の現場を見てみると、実際に記録なども手書きでおこなわれてきました。これがボトルネックになってくるのは、現在の企業として考えれば当然といえるところでしょう。白井一成は、民間企業としてこうした状態を改善するために、パソコンの入力に変えていきました。それも、タブレットなどの導入によって、強力に効率化を進めています。最先端の技術の導入ということになりますが、それも難しいものではなく、利用負担も工数も減らしていくことによって、効率化を目指すことが可能になったといえるでしょう。

 

ケア記録なども単純化することができれば、ミスも少なくすることが可能です。作業工数が減れば、ミスが出てしまう作業を削減することができるでしょう。その分の業務負担も減りますし、サービスも効率化していくことができるのですから、さまざまな恩恵をもたらすことになります。こうした取り組みは、確実に成果をあげてきているからこそ、社会福祉法人善光会も高い評価を受けているのです。これは、働く側としても考えていかなければいけないことであり、介護業界が抱える問題として正面から取り組んでいるという姿勢も評価されているといえます。

ホーム RSS購読 サイトマップ