最先端技術が支える新たな介護のかたち

最先端技術が支える新たな介護のかたち

最先端技術が支える新たな介護のかたち

最先端という言葉は、企業が好むもののひとつでしょう。何でも最先端ということを掲げれば、認められるという考え方を持つのも確かです。しかし、これを行動に移し、現実として活用するということは、大変難しいことになっているといえます。

 

白井一成が創業者である社会福祉法人善光会は、経営理念として掲げるだけではなく、実際に行動してきたところが違います。高い行動力を持っているからこそ、実現も素早く、事業としても展開しているといえるでしょう。ただ展開するだけではなく、現場としても最大限活用しているところが、他と大きく異なる点でもあります。

 

ハイブリッド特養プロジェクトということも、最先端技術を用いたオペレーションのひとつです。白井一成が掲げている最先端であり改革としておこなわれている方法であり、コミュニケーションを広げていくためにどうしたらいいかという部分に注目しています。理念として、諦めない介護ということで、人間らしさをなくさないということを重用しているのが社会福祉法人善光会です。ロボットを利用したハイブリッド特養プロジェクトというのは、ロボットの安全性を活用し、コミュニケーションを取っていくというひとつの考え方といえます。介護のクォリティを向上させる方法のひとつとして活用しているところが特徴です。

 

ロボットを導入しているところはいろいろと出てきましたが、白井一成が創業者である社会福祉法人善光会は、積極的に用いています。これによって、従業員不足ということを軽減することを大きな目的としているからです。集中的に導入していくことによって、白井一成が目指す人員の負担を軽減していくこととともに、サービス全体の質を向上させることにもつながっています。実際に職員の業務負担は大きく軽減してきており、25%の軽減さえ目標にすることができるようになってきているのですから大きな影響です。

 

単純に軽減するだけではなく、ロボットとコミュニケーションをとるというころが、持っている大きな機能に支えられているということを忘れてはいけません。人間以上に安全な方法であり、さまざまな会話ができるようになっています。ロボットだからと考えるかもしれませんが、最先端技術によって支えられているため、サービスを受ける人々の大きな支えになれるほどの会話もできるようになりました。こうしたことからも、これから先の時代には白井一成が目指す方向が重要な方法となってくるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ