経験を研究し生かす組織

経験を研究し生かす組織

経験を研究し生かす組織

介護業界は、閉鎖的な部分を持っています。公金を使って経営をしているということもありますし、介護ということでなくすことができない部分もあるでしょう。それでも、経営がひっ迫してしまっているようなところも少なくありません。民間企業であれば、こうした状況を打破するための方法を考えていきますが、現状の介護業界はできずに閉塞しているところもあります。社会福祉法人善光会の創業者である白井一成は、こうした業界の状況を危惧し、先駆者として改革を進めてきている状況です。常に研究を進めているというところも違いとなってきました。

 

先進的な取り組みをするだけでは、経営理念を実現することはできません。さまざまなデータを蓄積してきたからこそ、介護業界の中で先進的な取り組みを生かしてきているといえます。この順番の違いが重要であり、白井一成が目指してきている部分です。経験ということは、重要な意味を持っており、これを生かしていくことができるかどうかが分かれ目でしょう。福祉業界だけではなく、白井一成がこれまで培ってきたデータも生かしながら、福祉業界を活性化させてきているのです。これも社会に対する責任と考えているといえるでしょう。

 

社会福祉法人善光会には、サンタフェ総合研究所が存在します。白井一成が創業した当初から先進的な取り組みをしてきましたが、この取り組みを生かしてきたのがサンタフェ総合研究所です。さまざまな知見を利用しながら分析していくことによって、効果的に活用できる方法を模索しています。効率的に運用することができるのも、こうした研究が重要であるということになるでしょう。さらに、情報を福祉の業界にフィードバックしており、効果的に活用しています。閉鎖的であった業界でありますが、白井一成が掲げた経営理念にある通りに、先導者になるために改革を推し進めている状況です。

 

業界には必ず常識と呼ばれることがあります。ですが、他の業界から見れば、常識とは言えないこともたくさんあるでしょう。常にチャレンジャーとして考えているからこそ、常識といわれることにとらわれずに経営を進めています。理念を生かしていくこともできるのは、チャレンジするという気持ちをなくしていないということが重要です。業界が変化していく中でも、安定した経営をすることができるのも、研究だけではなく、これまで掲げてきた理念を生かして運営しているからといえるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ