公金を活用するからこそ企業の経営安定を考える

公金を活用するからこそ企業の経営安定を考える

公金を活用するからこそ企業の経営安定を考える

経営理念として、これまでの介護業界にない存在になりつつあるのが、白井一成が創業者である社会福祉法人善光会です。介護業界といえば、公金が投入されることによって、維持している面があることは間違いありません。だからこそ、経営理念をしっかりと持ち、経営していかなければいけないと考えています。公益性の高い事業領域であることは間違いないため、安定した経営をしていくということが、社会的な責任であるともいえるでしょう。これも経営理念に掲げているオペレーションの模範となるということです。

 

社会福祉法人善光会の創業者である白井一成は、財政ということを明確に考えているところが重要となってくるでしょう。介護業界では、ひっ迫してしまっているところも多くなってきていますが、サービスを受ける利用者のことを考えた場合、こうした経営は大きな問題となってしまいます。そこで、常にチャレンジャーとして、積極的にチャレンジしながらも、安定した経営を目指している点が、高い評価を受けているといえるでしょう。業界自体の変化にも即応していくことができるのも、安定した経営基盤を作ってきているからです。

 

経営的に安定させるためには、既存の介護の考え方では対応できなくなってきています。さまざまな革新的なアイデアを投入してきているのも、改革を考えているからといえるでしょう。そのための研究も欠かさずにおこなっており、有用なことはどんどんと取り入れてきています。介護の業界にこうしたことを求めていくことは難しい部分もありますが、白井一成はどんどんチャレンジできる環境を作ってきたといえるでしょう。

 

経営の安定ということでは、次の世代の育成にも力を入れています。介護職は人手不足になることがわかっている業界ともいえるでしょう。抜本的な改革も必要としている業界であり、どんどんと育てていかなければいけません。その中で、負担の軽減ということもおこなっていかなければ、次の担い手を増やしていくことはできないと考えています。白井一成が、新たな技術などの導入に積極的なのも、負担の軽減から担い手を育てていくということを意識しているからといえるでしょう。

 

介護の業界は、決して安泰ではありません。白井一成は、民間企業の代表として競争の意味もよく理解しているからこそ、こうした経営安定ということも推し進めながら、介護という業界をリードする新しい存在となっているのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ